三重県鈴鹿市で金属溶射加工技術(メテコプロセス)による機械部品の補修および各種機械部品製造を行う杉野工業株式会社の会社沿革・経営方針・スタッフ紹介

沿革・方針、スタッフ

会社の沿革

昭和44年 9月
鈴鹿市北長太町918番地にて 杉野文雄個人営業(杉野工業所)として機械加工を主として創業
昭和46年 2月
溶射機(米国メテコ社製)Nガンプロセス設備、金属溶射業開始
昭和46年 7月
鈴鹿市北長太町1839番地に工場敷地991m2を購入
昭和48年 6月
同地に新工場172m2を建設、移転
昭和48年 7月
溶射機(米国メテコ社製)10E、5Pプロセス増設
昭和48年 8月
資本金360万円をもって杉野工業株式会社設立
杉野文雄 社長に就任す。
昭和50年 9月
工場177m2を増設
溶射機プラズマプロセス(米国メテコ社製)を三重県下最初に導入
本格的に金属溶射業の拡大を計る。
昭和56年 2月
資本金900万円に増資
昭和57年 3月
NC旋盤導入
昭和60年 9月
NC旋盤増設、MC導入
昭和63年 7月
工場増設 並びに 機械設備増強
平成 2年 3月
工場増設 並びに 機械設備増強
平成 4年 8月
資本金 1000万円に増資
平成12年10月
溶接板金工場増設 溶接部門開設
平成17年 6月
MC及びCAD CAM(2.5D)導入
平成18年 6月
汎用旋盤 増設導入
平成18年 9月
工場増設 平面研削盤 新型に入替
スロッター導入 電灯変圧機容量アップ
平成19年 1月
四日市楠町へ第二工場開設
平成19年 8月
代表取締役社長を 杉野文雄 から 杉野大雄 に交代し、杉野文雄が 会長に就任する。
平成24年 5月
第二工場を本社に統合
新社屋、NC工場を新設

経営方針

職人技をより遠い未来に伝承していく

Speedy
より速く
Good
より良い製品を
Never give up
決してあきらめる事無く
上記スローガンを掲げ、日本のものづくり産業の下支え企業を目指し日々努力しています

スタッフ紹介

杉野工業で働くスタッフです!

杉野工業株式会社スタッフ集合写真

杉野工業スタッフ写真杉野工業スタッフ写真


主要取引先企業のページへ

会社概要のページへ

お問い合わせバナー
杉野工業へのお問い合わせはこちらから»